ただ今、メルマガご登録者様限定で
無料オンライン セッション体験&説明会 開催中!


こんなお悩みや願いはありませんか?

  • ✔️ 仕事への想いは強いが、お客様の視点でのビジネスの価値が分からない
  • ✔️ SNSに投稿するのが苦手自分のサービスを発信することに抵抗がある
  • ✔️ 見せたい自分が分からなくて、自信がない
  • ✔️ プロフィール写真用に、どんな色の服を選べばいいか分からない
  • ✔️ デザインは苦手で、カラーの選び方にも自信がない
  • ✔️ ヘッダー画像を自分なりに作ってみたけど、反応がない
  • ✔️ 使っている名刺やSNSヘッダーは、デザインやカラーがパッとしない
  • ✔️ ビジネスのコンセプトや方向性が明確に決まっていない
  • ✔️ 講座開講の告知をしても、集客できるか不安
  • ✔️ もっと認知されて、受講生を増やしたい
  • ✔️ リピーターを増やして、売上を上げたい
  • ✔️ SNSに投稿するのが苦手自分のサービスを発信することに抵抗がある


お客様の声を一部紹介します

新井 友紀子さま
整理収納アドバイザー・住宅収納スペシャリスト

これまであまりこだわりなくWEB媒体で色を使ってきたため「これで決めてしまっていいのだろうか…」という不安がありました。
徐々に「自分のカラー」としてしっくりくるようになり「選んだ色が自分のありたい姿に引っ張っていってくれている」ような気持ちになりました。
設置してみるととても自分にしっくりきて、最初の頃の不安も吹き飛びました!

大串 あゆみさま
in_Todi 主宰

統一感、世界観に悩んでいました。
リーフレットを作ることにより、導線が明確になり、進むべき道が見えてきました。
祐子さんと話していく中で、もっと大切な想いに気づく
と思います。
広く色々なことをしないで、起業初期から少しでも整えたい方におすすめしたいです。

於勢 佳子さま

使う色で、私のビジネスのイメージをされてしまうのなら、使う色を考えなきゃいけないと思っていました。
祐子さんに助言いただくことで、自分はこれを大切にしていたんだと、改めて確認することができました。
自分が大切にしているものを色でイメージでき、テンションが上がりました。
祐子さんのお人柄に触れることで、一歩踏み出せるのではないかと思います。

岡部 宏美さま

自分で服を選べなくなっていました。退職して、自分に自信がなくなっていました。
似合う色が見つけにくく、似合う理由も分からないので、難しいと思っていました。
祐子さんのカラー診断は心に響くパワーがすごいです!
自分を見つめ直す勇気と太鼓判をいただけました。

大串 あゆみさま
in_Todi 主宰

統一感、世界観に悩んでいました。
リーフレットを作ることにより、導線が明確になり、進むべき道が見えてきました。
祐子さんと話していく中で、もっと大切な想いに気づく
と思います。
広く色々なことをしないで、起業初期から少しでも整えたい方におすすめしたいです。



カラーブランディングデザイナーの石田祐子です。

私は現在、Sparkle Color & Designの代表として、個人起業家向けにカラー提案とデザイン制作を行っています。
以前の私は、仕事で努力しチャレンジし続けても、結局自信がないままでした。
夫に伴い渡米。美大でグラフィックデザインを学び、博物館と美術館で働くことになり、デザインの道へ。


2017年に起業する前は、企業で展示会のグラフィックや提案書を制作しました。

仕事の実績と評価に満足でしたが、自分の価値を生かして生きていないような違和感がありました。

そして、体調不良のため企業のデザイン職を退職することに。


新たなキャリアに選んだのが起業でした。
起業初期は、自信がなく認知を上げるにはどうしたらいいの?と不安でした。


そんな時、私のデザインの世界に新しい発見をくれたのがパーソナルカラー(似合う色)

パーソナルカラーは心に作用するカラーセラピーの要素があります。
似合う色を着こなすことで魅力が引き出され、自分に自信が持てるようになりました。

「自分の見た目と色の理論」に基づいて客観的に判断する。
ファッションをカラーで理論的に説明・提案できるサービスが、私の価値観に合ったのです。

不安から抜け出せたのは
「カラーのチカラ」を意図的に使ったから


パーソナルカラーの可能性に開眼した私は、グラフィックデザインの仕事において、もっとカラーを強みとしてお客様に貢献できないかと考えるようになりました。

これまでお客様のデザインのお悩みをヒアリングしてきた中で、最も多いお悩みが

「お客様の視点からビジネスの価値が分かってもらえない」
「見せたい自分が分からなくて、自信がない」
「もっと認知されたい」

というものでした。

お悩みの根本原因は、
ビジネスの価値が伝わっていないため、自信が持てない。
けれども、認知されるための対策が取れていない。が大半だったのです。

あなたの価値・カラーを表現して
自信が持てるように

私も苦しい経験を経て、試行錯誤してきたからこそ、そのお悩みが分かります。
ビジネスの想いは強くても、その価値が正しく伝わらないとしたら、もったいない。


私が具体的に、
どのようにして問題を見つけて、お客様の魅力や価値を引き出しているのか?
それを分かりやすく伝えたいと思い始めたのが、このメール講座です。

カラーが与える印象を知っていれば、

  • 自分らしいカラーを意図して選べます。
  • 見る人にコンセプトや価値を届けやすくなります。
  • ビジネスの見せ方に迷うことが少なくなり、行動が加速するでしょう。


メール講座では、カラーとデザインを通して
「自分のカラーを表現して、自信を持って行動できる」ヒントをお伝えしていきます。


Step 1
あなたの投稿を目に留めてもらうには

ビジネスの想いを伝えたくて、投稿したり自撮りの写真を載せたりするものの、あまり反応が返ってこない…
あなたの投稿を目に留まるようにするには、何をするといいのかご紹介します。

Step 2
自分を見つめ直すきっかけとして

「自分のビジネスの強みや価値が分からない」「人前に立つのに、どう自分を見せたらいいか分からない」
個人ビジネスで差別化するために「なぜ」を決めることの大切さを解説。

Step 3
ビジネスの価値を見つけるポイント

「自分のビジネスの価値は何?」「ビジネスの想いをどう表現していけばいいの?」
そんな疑問やお悩みへのヒントを、具体例をあげながらお伝えします。

Step 4
あなたの価値をカラーで表現してみよう

お客様の目に留まるためにカラーを使うと、どんな嬉しい変化があるでしょうか?
自分らしいカラーについて考えてみましょう。

Step 5
カラー×デザインで「記憶に残る人」になる秘訣

ビジネスで見せたい印象を作り、覚えてもらい思い出してもらうために、何ができるでしょうか。
あなたのブランド価値を高めるために「カラーxデザイン」を上手に使う秘訣とは?

Step 2
自分を見つめ直すきっかけとして

「自分のビジネスの強みや価値が分からない」「人前に立つのに、どう自分を見せたらいいか分からない」
個人ビジネスで差別化するために「なぜ」を決めることの大切さを解説。

メール講座を
こんな方へおすすめします

  • ✔️ 自分のビジネスの価値が伝わるようになりたい方
  • ✔️ SNSで、自分のサービスを発信することが楽しくなりたい
  • ✔️ 見せたい自分が表現できて、自信を持ちたい
  • ✔️ プロフィール写真用に、似合う色の服を選べるようになりたい方
  • ✔️ デザインやカラーを自信をもって選べるようになりたい方
  • ✔️ ヘッダー画像を自分で作って、反応が得られるようになりたい方
  • ✔️ 使っている名刺やSNSヘッダーに、デザインやカラーを決めたい
  • ✔️ ビジネスのコンセプトや方向性を明確にしたい方
  • ✔️ 講座開講の告知をして、集客して開講できるようになりたい方
  • ✔️ もっと認知されて、受講生を増やしたい方
  • ✔️ リピーターを増やして、売上を上げたい方
  • ✔️ SNSで、自分のサービスを発信することが楽しくなりたい


Profile

石田 祐子

Sparkle Color & Design 代表
カラーブランディングデザイナー


アメリカ・ワシントンDCのCorcoran School of the Arts & Design(現 ジョージワシントン大学)グラフィックデザイン科卒。

DC内の美術館と博物館で、展覧会グラフィックデザインインターンとして勤務。

8年間、IT会社と設計施工会社にて、グラフィックデザイナーとして和英文表記の印刷物から、商品チラシ、パンフレット、ブース用のパネルやグラフィックなどのグラフィックデザイン制作を手掛ける。
携わったプロジェクトは200件以上。

2016年パーソナルカラー診断に出会い、2017年グラフィックデザイン制作とパーソナルカラー診断を行う、Sparkle Color & Designを開業。

現在は、選ばれる人になりたい女性起業家を対象に、カラー・デザインプロデュース、デザイン制作、パーソナルカラー診断・セミナーを行う。

「自分の枠を超えた想像以上のものが表現できた」と高い評価を得ている。

女性起業家と出会う中で、グラフィックデザインとファッションのカラーの統一が取れなくて、価値が正しく伝わらないのはもったいないと気づく。

起業する人が増え、個人でも、ブランディングが必要な時代、「デザインとカラーのチカラで価値を伝え、選ばれる人」を増やすために活動の幅を広げている。



「記憶に残る人」になる


国内外でグラフィックデザイナーとして、13年間で200件以上のプロジェクトに携わってきました。
企業でのデザインの仕事は、誰かの問題を解決でき、望む変化を与えることができる。価値を伝えるデザイン制作に魅了され、続けてきました。

私のキャリアの転機となったのは、パーソナルカラーとの出会いでした。
「自分の魅力を最大限に発揮して自信を持ちたい!」私は、パーソナルカラーを大切にすれば、魅力がアップして自信が持てる、と確信しました。

自分の見せ方や、仕事への想いや価値を自信を持って伝えられる起業家が増えて欲しい、という思いから、今のサービスが生まれました。
記憶に残り思い出してもらいやすくなる。
そのように認知されれば、自信を持って行動できるはずと思っています。

あなたの個性、大切な「カラー」を一緒に表現していきませんか。

カラーブランディングデザイナー
石田祐子